フレイル

体力の低下した高齢者が気をつけなければならない病気

 「フレイル」とは、「虚弱」や「老衰」を意味するfrailtyに由来し、心身の活力が低下した状態を指します。このフレイルは要介護の一歩手前の段階といわれ、認知症などの要因になることもあるそうです。

・半年で体重が2~3kg減少した。

・握力が男性26kg、女性18kgを下回っている。

・最近2週間のなかで理由もなく疲れた気がすることがある。

・歩行速度が毎分60メートルを下回っている。

・運動や体操、スポーツを行っていない。

以上の項目のうち3つ以上当てはまった方はフレイルの状態にある可能性があります。

 ただし、心配する必要はありません。適度な運動をして、筋肉のもとになるたんぱく質をしっかりとれば、健康な状態に戻ることは十分に可能です。